ポケットwifi比較

ポケットwifiやITについて書いてます。

*

2016年スマホが売れない時代でも「ワイモバイル」は「加入者が激増している」と評判です

   

2016年スマホが売れない時代でも「ワイモバイル」は「加入者が激増している」と評判です

2016年1月いっぱいでスマホへのキャッシュバックが

原則廃止となり大幅に値上げされたので、

2016年2月のスマホの販売台数は1月比で約48%減、

前年2月比で約18%減と大幅減となりました。

 

そんな中前年2月比で約70%増と大幅に加入者を増やしたのが、

準大手キャリアながらにして格安と評判の「ワイモバイル」です。

そこで「ワイモバイル」の魅力を紹介します。

まず「ワイモバイル」の評判の高さの源である料金プランを紹介します。

料金プランはデータ容量によりS・M・Lの3種類ありますが、

いずれのプランにも「通話料無料サービス」が付いています。

 

各キャリアにも「通話料無料サービス」はありますが、

月額最低1700円の有料オプションとなっているところに大きな違いがあります。

 

この「通話料無料サービス」は、1回10分以内の国内通話が毎月300回まで無料になります。

なお月額1000円で通話時間や回数に制限のない「スーパーだれとでも定額」を付けられます。

 

スマホプランSはデータ容量1GBで2980円、

Mはデータ容量3GBで3980円、

Lはデータ容量7GBで5980円となっています。

 

さらに他社にはない「シェアプラン」があります。

 

例えばSIMフリーのタブレットをお持ちの場合、

新たに契約することなく最大3枚のUSIMカードが使え、

データ容量を効率良く分け合うことができるのです。

 

月額料金はプランSが980円、

プランMが490円、プランLは無料です。

 

また現在「ワイモバイル」ではお得なキャンペーンを行っていて

さらにお得に利用できます。

 

ドコモかauからNMPすると12ヶ月間毎月1000円割引され、

2年間データ容量が2倍になります。

 

さらに2016年5月31日までは「ワン!キュッパ学割」として、

25歳以下の方を対象に「新規契約」でも12ヶ月間1000円割引、

2年間データ容量2倍になります。

 

次に「ワイモバイル」の唯一の欠点であった

iPhoneの取り扱いがなかったところが、

2016年3月より解消されたことで

ますます「ワイモバイル」の評判が高くなることが予想されます。

 

販売されるのは旧モデルの「iPhone5s」ですが、

4インチスマホは手の小さな女性にピッタリのモデルです。

 

気になる料金は16GBモデルなら本体代金込みで3980円で、

学生さん(25歳未満の方)かNMPなら

12ヶ月毎月1000円引きになるので、2980円となります。

 

また「ワイモバイル」では根強い人気のガラケーにも力を入れています。

人気のAQUOSケータイ「504SH」や

DIGNOケータイ「502KC」なら月額934円から持てます。

 

このように「ワイモバイル」の人気の秘密は

「通話料無料サービス」付きで大手キャリアの半額程度の料金となり、

さらにMVNOと違い困った時にお店で対応してもらえる安心感もあることです。

 - 日常 , ,